扶養に収まる時代ではない?

お仕事の求人欄を見る際、主婦の方が気にするのはなんといっても「扶養内」であるかどうかと言えるのではないでしょうか。
私の知り合いは専門職ながら非常勤で働いていて、なんとか扶養内に収まりたいといろいろ努力をし、そういうお仕事を探している人がいました。しかしその人の場合、専門職であることが災いして、残念ながら扶養を外れての勤務となったようです。

しかし、これからの時代、子どもの年齢、自分のスキルややる気などの条件が整えば、女性・主婦も、扶養内で働くということをあまり前提とせず、積極的にお給料を稼いでいく姿勢になるのが得策かもしれません。
現在政府の方針でも女性がもっと積極的に働き、女性の力を活用するために、扶養となる給与の額を減らす、配偶者控除を廃止する、という方向で動き始めているようです。男性の雇用も不安定な中、夫の扶養に入って少しだけ稼ぐという時代ではなくなりつつあると言えるのでしょう。
とはいえ、各家庭にいろんな事情があるのも事実です。子どもの年齢や、家庭の抱える事情、その主婦自身の仕事へのスタンスなどはまちまちだと思います。求人サイトを私はよく見ますが、扶養範囲内で働けるかどうかを条件に仕事探しができるようになっている求人サイトが大変多いです。ですので、どうしても扶養の中で働きたい人は、きちんとそういったサイトを活用して仕事探しをすると良いでしょう。
社会全体の流れとしては、男女ともそれ相応に働くことが求められる社会になってきているように見えます。家庭の条件が整っていて、なおかつ時間・スキル・やる気のある女性は、扶養内にとどまらず、税金を払った分をとっても、それ以上に稼げるお仕事を探した方が良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です