20代歓迎の求人の真意とは

求人を見ていると「20代のスタッフ活躍中」というのをよく拝見します。これは、現在企業の求人に際する規定が激しい事から、年齢と性別の制限をつけてはいけないというルールがあるからだといいます。
こうやって書かれていれば、企業が募集したい年代の人達は「若い子多いんだ」と働きやすさを感じ、それ以上の年代は自然と遠退きますからね。

ではなぜ、企業は20代を募集するのかといいますと、答えは簡単。
「経験が浅い」「若いから」ただそれだけです。
ある程度経験を積んでしまった30、40代以上をこれから自社色に染めようとなると、変に以前の企業の慣例文化を重んじる傾向がありますし、すでに自身の持っている価値観などを押し付けようとします。
それに何しろ、研修を行う社員も若いので年上相手の研修はやりずらいのです。
年上だけど後輩。教えられる方も変にプライドを持ってしまいますから、これは双方にとって良くないといえるでしょう。
特に20~25歳代は、ある程度の社会人経験を持つ第二新卒も多い世代。ここが特に売り手市場だといわれています。
以前は若いというだけでバカにされる部分もありましたが、今はそれが最大の武器になるのだといえそうですね。

が、これに甘んじて転職ばかり繰り返していますと、年を重ねるも経験だけはいつまでも一年生という事に。
どんな年代になろうとも、いち早く自分にあった仕事を見つけるのが一番大事だといえそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です